ライガー、引退試合で現王者に玉砕「31年間ありがとう」

ライガー、引退試合で現王者に玉砕「31年間ありがとう」

 「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム)

 獣神サンダー・ライガーの引退試合が行われた。これがラストマッチとなるライガーは、若手時代のライバルだった佐野直喜(54)とタッグを組み、現IWGPジュニア王者の高橋ヒロム(30)、リュウ・リー組と対戦。ヒロムがタイムボムからの体固めでライガーから3カウントを奪った。

 入場テーマ「怒りの獣神」が流れるとドームは熱狂に包まれた。1989年4月24日東京ドームでデビューして以来、30年以上にわたってジュニアヘビー級の第一人者として活躍してきた獣神の現役最終戦。現トップ選手2人に対し、ロメロスペシャル、掌底、パワーボム、垂直落下式ブレーンバスターと得意技を繰り出したが、最後は現IWGPジュニア王者の前に玉砕し、大の字になった。

 試合後マイクを握ったライガーは「平成元年、この東京ドームでプロレスラー獣神サンダー・ライガーが生まれました。そして今日東京ドームでプロレスラー獣神サンダー・ライガーは終わりました。31年間応援していただきましてありがとうございました」とあいさつ。大「ライガー」コールの中でリングを後にした。

 前日は「引退試合1」として、佐野、大谷普二郎、高岩竜一らゆかりのある選手と8人タッグで対戦。ライガーはフォール負けしたものの、雪崩式フランケンシュタイナーなど“推定55歳”とは思えない身のこなしで沸かせた。試合後は「今日の試合を見て『ライガーしょうがねえな、引退もな…』って思った?ないでしょ?これでいいんだよ。これが俺が目指してた引退試合だよ」と、体が動くうちに身を引く美学を改めて強調し、「感謝の言葉を述べるのはまだ一日早い。もっとすげえ試合をあしたするから」と予告していた。

 最後もライガーらしく、現IWGPジュニア王者に挑んで玉砕。最後までトップレスラーとしての意地を貫き続けた。