日本男子ツアー開幕戦は第2Rも日没順延 大槻智春が日本人トップの4打差暫定7位

引用元:スポーツ報知
日本男子ツアー開幕戦は第2Rも日没順延 大槻智春が日本人トップの4打差暫定7位

◆アジアンツアー共同主管男子プロゴルフツアー SMBCシンガポールオープン 第2日(17日、シンガポール・セントーサGCセラポンC=7397ヤード、パー71)

 日没順延となっていた第1ラウンド(R)の残りと第2Rを行い、第2Rは午後7時26分に2日連続の日没順延となった。ツアーによると、4人が競技を終えられなかった。18日午前7時40分から再開予定。第3Rは午前9時20分以降の予定。

 大会連覇を狙うジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)が7バーディー、1ボギーの65で回り、通算10アンダーの暫定首位に立っている。17歳の金柱亨(韓国)、M・タブエナ(フィリピン)が1打差の暫定2位で追う。

 2016年リオ五輪金メダルのジャスティン・ローズ(英国)、同銅メダルのマット・クーチャー(米国)が8アンダーの暫定4位で続く。15位で出て67をマークした、日本ツアー1勝の大槻智春が4打差の暫定7位へ浮上した。

 18年日本オープン王者の稲森佑貴が5アンダーの暫定10位。日本ツアー通算2勝の飛ばし屋・星野陸也、木下稜介は3アンダーの暫定17位。リオ五輪銀メダルのヘンリク・ステンソン(スウェーデン)、日本ツアー通算21勝の池田勇太、堀川未来夢、12年日本ツアー賞金王・藤田寛之、日本人の父とタイ人の母を持つコウスケ・ハマモト(タイ)は2アンダーの暫定23位となっている。

 石川遼選手会長は73とスコアを落とし、イーブンパーの暫定42位へ後退した。 報知新聞社