J1名古屋の”聖域”に挑む!湘南から加入のFW山崎凌吾はハードワークと判断力で「ジョーからポジションを奪う」

引用元:中日スポーツ
J1名古屋の”聖域”に挑む!湘南から加入のFW山崎凌吾はハードワークと判断力で「ジョーからポジションを奪う」

 攻守でのハードワークや判断力を武器に、2018年得点王に挑戦だ!J1名古屋に湘南から完全移籍で加入したFW山崎凌吾(27)は、昨季32試合に出場した元ブラジル代表FWジョー(32)からの定位置奪取に意欲を見せた。

【写真】Jマスコット総選挙に連覇したのは…ボクです

 覚悟を決めて、グランパスへ来た。山崎と同じ1トップに君臨するはジョー。27歳のFWには、新天地で直近2シーズンの“聖域”を破るミッションが待ち受ける。

 「(ジョーは)誰が見てもトッププレーヤーだし、自分が学べるものはたくさんある。その中で僕はポジションを奪うつもりで、このチームへ来た。覚悟した上での決断でした」

 昨季湘南で31試合に出場した主力の決断だからこそ、重みがある。当然FWとして得点は求められるが、加えてアピールしたいのが「ハードワーク」と「判断力」。ジョーとは違う角度から、定位置奪取を狙う。

 「自分が今までやってきたプレーを変えるつもりはないです。ハードワークは湘南でやってきたところでもあるし、(フィッカデンティ)監督も求めている。状況に応じてプレーできるのも自分の良さです」と意気込みを語った。

 ▼山崎凌吾(やまさき・りょうご) 1992(平成4)年9月20日生まれ、岡山県出身の27歳。187センチ、80キロ。FW。利き足は左。玉野光南高、福岡大を経て2015年に鳥栖に加入。16年からJ2徳島、18年7月から湘南でプレーした。昨季31試合5得点、J1通算48試合9得点。