高木さん母校の県岐阜商・鍛治舎監督「偉大な先輩」

引用元:日刊スポーツ
高木さん母校の県岐阜商・鍛治舎監督「偉大な先輩」

元中日監督の高木守道氏が17日午前、急性心不全のため死去した。78歳だった。同氏は60年に県岐阜商から中日に入団。現役通算2274安打、369盗塁、打率2割7分2厘の成績を残した。現役時代はバックトスなど華麗な守備を見せ、二塁のスペシャリストとして脚光を浴びた。監督時代の94年には巨人と同率首位で並び、最終戦で優勝を争った争う伝説の「10・8」決戦で敗れるなど悲運の指揮官としても記憶される。

【写真】宇野勝(左)にバックハンドトスで送球する中日高木守道氏(1979年撮影)

▽県岐阜商・鍛治舎巧監督「私が野球を始めたきっかけの1つが高木守道先輩の度肝を抜くバックトスでした。プロとアマ、道は分かれたものの、日米野球サミットはじめ接点は数多くありました。偉大な先輩にもかかわらず、お会いするたびに構えることなく親しく接していただきました。今年こそ、母校野球部の良いご報告が出来るよう全身全霊を傾けて戦い抜きます」