【ONE】岡見勇信が接戦を制してONEで初勝利「勝者のコールを受けて幸せです」

引用元:ゴング格闘技
【ONE】岡見勇信が接戦を制してONEで初勝利「勝者のコールを受けて幸せです」

「ONE: CENTURY 世紀」
2019年10月13日(日)東京・両国国技館

▼第1部 第5試合 ONEウェルター級(※83.9kg)5分3R
○岡見勇信(日本/EXFIGHT)
[判定2-1]
×アギラン・タニ(マレーシア)

【写真】対戦相手と顔を合わせた岡見は闘志を示す

岡見勇信は、アギラン・タニと対戦する。2019年5月大会からONEに参戦した元UFCの岡見は初戦でキャムラン・アバソフに2R TKO負け、8月大会でジェームス・ナカシマに判定負けでONE2連敗中。2カ月強のインターバルでの日本大会出場となる。対するタニは6月に上海大会で秋山成勲とのタフファイトを判定で競り勝ち、MMA戦績を9勝3敗としている。

タニを1R リアネイキドチョークで下しているアバソフ、そして12勝無敗のナカシマと、ここまで強豪と連戦している岡見にとって、またも厳しい相手が用意されたが、ONEウェルター級(※83.9kg)戦線で生き残ることができるか。

1R、サウスポー構えの岡見、オーソドックス構えのタニはいきなり跳び蹴りで入り、大きな右で牽制する。かわす岡見に詰めるタニ。岡見の最初の組み付きは切られるが、両者クリンチアッパー。右で差して四つからサバ折テイクダウンは岡見! しかしすぐに立つタニに、岡見はなおもダブルレッグテイクダウン! そこにギロチンを合わせてクローズドに入れるタニ。腰を上げる岡見は首を抜き、タニの亀になり際にバックへ! リアネイキドチョークを極めにいくが、後ろ手を何度もはがすタニが脱出! 立ち上がりミドルを突く。岡見は後退。力を使ったか。

2R、すぐに詰める岡見は四つに組んでクリンチアッパーはタニ! 岡見もダブルレッグへ。さらに四つから大内刈テイクダウン! すぐにバックに回り4の字ロックへ。首を狙うがまだダメージは与えられない。立つタニは岡見を背負うが、引き込む岡見はたすきがけの状態に。腰をずらして足を外したタニは亀に。しかし岡見の腕は喉元に入らず。正対し立ち際にタニは蹴りもそこに岡見がダブルレッグを合わせ、タニはギロチンへ。ゴング。

3R、タニの右をかいくぐり組みにいく岡見。突き放すタニ。左を突く岡見! さらに左の蹴りもつかんだタニがダブルレッグテイクダウン! 岡見は首を抱えるが抜くタニがパウンド! 足をきかせて背中を見せて亀から立つ岡見、バックについていくタニ。両足も回すが、岡見も首を守る。ケージウォークから手首を外し正対し、タニの首を持ちながら金網まで這い立つ岡見だが、そこでバックに回るタニ。岡見は片ヒザ立て、立ち際でタニはバックで引き込み。そのままゴング。

接戦の判定は……スプリット判定で岡見が勝利。両手を高々と挙げて咆哮した。

進退を賭けて戦い、ONEで嬉しい初勝利を挙げた岡見は、サークルケージの中で、「いやーほんとうにこの舞台に帰って勝者のコールを受けて幸せです。ありがとうございました! 1R、最初のチョークはかなりいい形で入って8、9割でした。彼の動きを見てると凌がれるかなと思いました」と語り、ほっとした表情を浮かべた。