ソフトバンク江川が引退へ ダイエー最後のドラフト1位 プロ15年目、来季構想外で

ソフトバンク江川が引退へ ダイエー最後のドラフト1位 プロ15年目、来季構想外で

 江川智晃外野手(32)が来季の戦力構想から外れていることが20日、分かった。プロ15年目の今季に進退を懸ける覚悟を口にしており、現役に区切りをつけることが濃厚だ。

【データ】ソフトバンク江川の今季成績

 三重・宇治山田商高からダイエー最後となった2004年のドラフト会議で1巡目に指名され、05年にソフトバンク入団。11年にはダルビッシュ(日本ハム、現カブス)から本塁打を放つなど期待されたが、同年に右肩手術を受けるなど故障もあり1軍定着には至らなかった。今年は3月に腰の手術を受け、初昇格が7月。出場11試合にとどまり、日本シリーズ出場40人枠から外れていた。 西日本スポーツ