ダノンキングリー落ち着き出て力強さも/毎日王冠

引用元:日刊スポーツ

今週日曜の東京メインは毎日王冠(G2、芝1800メートル、10月6日)が行われる。

ダービー2着のダノンキングリー(牡3、萩原)が古馬に挑戦する。春クラシックは3、2着と勝てなかったが、安定したレースぶりであらためて能力の高さを示した。

1週前の25日はウッドコースで5ハロン65秒3、上がり37秒1-13秒0(いっぱい)。先行したフェイズベロシティ(古馬3勝クラス)に1馬身遅れたが、このひと追いで良くなる。戸崎騎手は「落ち着きが出たし、力強さもある」と成長を口にした。