大鵬の孫・納谷幸男、爆破実験にびっくり…大仁田厚が電流爆破デモ

引用元:スポーツ報知
大鵬の孫・納谷幸男、爆破実験にびっくり…大仁田厚が電流爆破デモ

 元参院議員で7度目のプロレス復帰を果たしている大仁田厚(62)が28日、千葉・浦安マリーナ駐車場で、「爆破甲子園2019」(11月17日、神奈川・鶴見青果市場)の爆破実験を敢行した。

 大仁田とDDT・高木三四郎社長(49)のコラボプロデュースとなる「エネワンでんprezents 爆破甲子園2019」の爆破実験で、「爆破甲子園トーナメント」に出場する昭和の大横綱・大鵬の孫で、元関脇・貴闘力の長男・納谷幸男(25)=DDT=がFUMA(BASARA)、今成夢人(ガンバレ☆プロレス)とともに、実験を初見学した。大仁田が爆破実験を実施するのは3年5カ月ぶりで、爆破甲子園連盟の内田雅之理事長も見守った。納谷、が立ち会った。

 ハロウィンにちなみ、カボチャが台の上に設置され、一発勝負で大仁田が有刺鉄線電流爆破バットをフルスイング。すると、けたたましい爆音とともに、3メートルを超える煙が上がり、カボチャはこっぱみじんに砕けた。カボチャの破片が爆破バットを振った大仁田は顔面に破片が当たって、右ほおを裂傷するほどの破壊力を示した。

 大仁田は「これはかなり強力だけど、当日は今日の倍の威力になります」と話し、高木社長は「過去最高の爆薬でやります。破壊力はゆるめない。爆破バットは4本用意します」と述べた。

 過去最大級の破壊力で行われる、爆破甲子園トーナメント決勝戦の対戦カードは、大仁田、新井健一郎、トーナメント決勝進出者A組対高木、青木真也、トーナメント決勝進出者B組。決勝進出をかけたトーナメント1回戦では、FUMA対今成、納谷対朱崇花の2試合が組まれている。