張本勲氏、東京五輪のマラソン&競歩の札幌開催に憤慨…「スポ-ツ選手としたら、ふざけるなと思います。人の国であっちやれ、こっちやれと言われたら何を言っとるか」

引用元:スポーツ報知

 野球評論家の張本勲氏が3日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。20年東京五輪のマラソン・競歩の開催地が札幌市に正式に決定したことに憤慨した

 1日に都内でIOC(国際オリンピック委員会)のジョン・コーツ調整委員長、大会組織委の森喜朗会長(82)、小池百合子都知事(67)、橋本聖子五輪相(55)が出席した4者協議で発表された。最後まで反対した小池都知事は「合意なき決定」と表現した。

 今回の決定に張本氏は「スポ-ツ選手としたら、ふざけるなと思いますよ。人の国であっちやれ、こっちやれと言われたら何を言っとるかと」と憤慨した。

 その上で「経費の問題はどうするか?経理、ホテル?こんなもんどうしてくれるか。アメリカとIOCに請求すればいいんですよ。アメリカの放映権が莫大に入るんだから、この2つに」と提言し「札幌のファンは喜ぶと思いますけど、都民はどうするの」と指摘していた。