2019年シーズン大詰めの中国ツーリングカーCTCC、上海ラウンドでロブ・ハフら実力派が躍動

 世界最大の自動車市場を抱える中国大陸を代表するツーリングカー選手権、CTCCチャイナ・ツーリングカー・チャンピオンシップの2019年シーズン第7戦が、F1開催地でもある上海インターナショナル・サーキットで開催され、11月23日のレース1はぺぺ・オリオラ(フォード・フォーカスCTCC)が、続く24日のレース2はロブ・ハフ(フォルクスワーゲン・ラマンドGTS)が制し、インターナショナル・ワイルドカード枠のふたりが実力を遺憾なく発揮してみせた。

 中国を代表する人気選手権のCTCCは、シリーズの盟主として君臨するSAICフォルクスワーゲン333レーシングを筆頭に、2019年シーズンからそろって新型モデルを投入した長安フォードFRDチームや東風キア・レーシングチーム、そして今季からトップカテゴリーに“昇格”参戦を果たした広州トヨタ・レーシングチームなど、多くのマニュファクチャラーが覇を競っている。

 全8戦のシリーズはタイトル争いも大詰めを迎え、この週末はともに国際登録ドライバーが活躍。長年、フォルクスワーゲン陣営の“メンター”としてWTCC世界ツーリングカー選手権時代からカレンダーがバッティングしていないラウンドにレギュラー参戦してきたハフと、今季からフォードの助っ人ドライバーとして起用される機会の増えたオリオラが主役を演じることとなった。

 土曜のレース1に向けポールポジションを奪ったのは、前戦ラウンド6で勝利を挙げている東風キアのジェイソン・チャン(キアK3 2.0T)で、2番手にも北京汽車集団のBAICセノヴァ・レーシングチーム、デヴィッド・チュー(BAICセノヴァD50)が並び、地元ドライバーが意地のフロントロウを確保する。

 7周スプリントで争われた土曜レース1は、オープニングラップからこの2台に後続が襲いかかり、3番手につけていたイー・ホンリー(BAICセノヴァD50)が最終コーナーでチームメイトに仕掛け、幾度ものコンタクトを伴うハードなバトルでオーバーテイク。

 するとこのダメージが祟ったか、パスされたチューのBAICセノヴァD50はさらにポジションドロップを喫し、2周目を終えることなくマシンを止めてしまうことに。

 続くラップ以降で躍進を見せたのはフォードの2台、レイニー・へとアンディ・ヤンのフォーカスCTCC勢で、5番手まで猛追してきたハフのラマンドGTSから逃げるように首位の2台に迫ると、先を急ごうとしたヤンはチームメイトともども首位のチャンを仕留めようと最終コーナーでオーバーテイクを試みるも、マシンコントロールを誤りフォード同士で接触。レイニー・へとともにスピンして、ポジションを失う最悪の結果となってしまう。

 これで道が開けたハフは、難なくチャンのキアK3 2.0Tを仕留めて4周目に首位浮上を果たすが、その後方から猛然と追い上げてきたのは、予選14番手に沈んでいたオリオラのフォード。

 同じ4周目にチャンをパスしてハフの背後に迫ると、最高出力でアドバンテージを持つフォーカスCTCCの優位性を活かしてすぐさまオーバーテイク。レース中盤で勝負を決め、最終的に1.638秒のマージンを築いてチェッカー。第5戦の寧波に続く2勝目を飾ってみせた。

 続く日曜10周のレース2に向けては、予選セッションで最速タイムを記録したハフがポールポジションを確保し、フロントロウにオリオラが並ぶ前日トップ2直接対決の舞台が整う。

 するとこのスタートでもパワーに勝るフォードが蹴り出しでフォルクスワーゲンを圧倒し、オリオラが1コーナーから切り返しの2コーナーにかけて首位を奪取。ハフは2番手に甘んじるオープニングに。

 再三にわたるハフの攻撃をしのいで首位をキープしていくオリオラだったが、土曜決勝の終盤に相当する6周目に入ったところで、タイヤマネジメントの成否かオリオラがわずかにペースを落とすと、その隙を見逃さなかったハフが勝負に出る。

 スタートで前に行かれたその1コーナーでインサイドラインをとったハフは、続く2コーナーまでにレコードラインを奪い、ラマンドGTSをコンパクトに旋回させ首位を奪還。1コーナーでインを塞がれ、ステアリングを切り込めなかったオリオラはワイドになり、大きくタイムを失うことに。

 すると残り2周となった8周目のホームストレートで、オリオラのマシンは力なくスローダウン。序盤から抱えていたというパワーステアリングのトラブルが深刻化し、そのままマシンを止めることとなった。

 これでハフは第2戦のここ上海に続く今季2勝目をマークし、WTCR世界ツーリングカー・カップのレギュラードライバーとして面目躍如。そしてオリオラの戦線離脱により、その長安FRDフォードのチームメイトであるレイニー・へが2位に入り、3度のCTCCチャンピオンでもあるアンディ・ヤンのフォード勢2台が並ぶ表彰台となった。

 残るは最終戦のみとなった2019年CTCCは、キアのマーティン・カオとフォルクスワーゲンのチャン・チェン-ダン(フォルクスワーゲン・ラマンドGTS)が1点差でタイトル争いを展開。12月14~15日の週末に、湖北省武漢市街地のストリートサーキットで雌雄を決する。

[オートスポーツweb ]