メルセデスチームF1撤退説に代表が反論「マニュファクチャラーにとって今は離脱すべき時ではない」

 メルセデスF1チーム代表のトト・ウォルフは、F1の現在の成長と、新時代の到来が約束されている状況を考えれば、今マニュファクチャラーチームがF1から撤退するのは間違いであると考えている。

2019年F1第21戦アブダビGP木曜 メルセデスチームが記念撮影

 2021年からF1は、レースの見応えを改善し、参戦チーム間の実力差を公平にするために、新レギュレーション基盤を導入する。

 各チームはすでに2021年の技術ルールを調査し始めているが、チームとF1間の商業協定についてはまだ確定されていない。

 自動車業界におけるガソリン車から電気自動車へのパラダイムシフトもあり、マニュファクチャラーチームはF1への関与を再評価せざるを得ないものとみられている。

 メルセデスとルノーのワークスチームに関しては、F1における将来を疑問視する噂が流れている。メルセデスはすでに2021年以降もパワーユニットサプライヤーとしての活動を続けることは明らかにしているが、ワークスチームについては定かではない。しかしトト・ウォルフによると、F1の見通しは明るく、変化の兆しが見えており、2020年末で離脱するとすれば、それは誤った考えによる選択だという。

「観客数から従来のテレビ視聴者数、デジタルスペース、スポンサーシップなどに関する数字すべてが増加しているのだ」とウォルフは先週末のアブダビで主張した。

「F1はまた、2021年には支出制限を行うので、成長分野であると言えると思う」

「F1への参入や、特定のフランチャイズの価値などについて、基準が定められるだろう」

「今、F1から撤退するのは商業的な視点からも明らかに正しいことではない。新たなチャンスが生まれようとしている時なのだ」

 ウォルフは新チームの参入を歓迎していると言う一方で、現在グリッドにいるチームは、この先のチャンスを生かすべきだとも主張している。

「新チームを探すべきだろうか? 強固な基盤と大きなブランドを擁している者がグリッドに加わることに関心があるのなら、話し合いをしてはどうだろう」とウォルフはつけ加えた。

「だが我々全10チームは、限られたグリッドの一員であることを誇りに思うべきだ。我々はこの先にあるチャンスと可能性に意識的であるべきだし、そうしたことを誰にとっても有益なビジネスに作り上げることに集中しなければならない」

[オートスポーツweb ]