【龍魂激論・前編】天龍も初めて知った! 坂口氏が明かす幻の「馬場&猪木コミッショナー設立」

引用元:東スポWeb

【天龍源一郎vsレジェンド対談 龍魂激論】ミスタープロレスこと天龍源一郎(69)がマット界のレジェンドと熱く語り合う特別連載「龍魂激論」。今回は天龍ですら頭が上がらない“世界の荒鷲”新日本プロレスの坂口征二相談役(77)が登場だ。坂口氏は新日本でアントニオ猪木、一方の天龍は全日本プロレスでジャイアント馬場というプロレス界の2大巨頭の元で全盛期を過ごした。2人だけが知るBI砲の秘話や経営者としての哲学、そして日本プロレス界の今後について前後編の2回にわたりお届けする。

 坂口氏:よっ、久しぶり。

 天龍:お元気そうで。

 ――お二人は柔道と大相撲からプロレスに転向した経緯があります

 天龍:一番お聞きしたかったのは、1967年当時に柔道日本一からの転向は、さぞ大変だったかと。

 坂口氏:全日本選手権を取ってブラジルの世界選手権まで行ったけど、メキシコ五輪(68年)は柔道がなくなってね。将来が見えなくなった。まだ現役でいたかったから、25歳でプロレスから勧誘されて決心した。高校卒業時は相撲から誘われたよ。

 天龍:知ってますよ。

 坂口氏:大騒ぎになったから、日本プロレス入団発表の夜に手ぶらで馬場さんとハワイに逃げた。その後、ロスに渡って靴から背広まで作ってもらってさ。

 天龍:俺もそうでした。馬場さんはいつも坂口さんのことを弟のようにほんわかと語ってました。日プロに入ったらエリートコースだったんでしょ?

 坂口氏:いや、行ったり来たりで最初の3年はアメリカ。最後は日本に帰りたくなかった。ロスでは馬場さんとタッグを組んだり楽しい思い出ばかり。

 天龍:「坂口が入ったら、おっさんばかりだった会場に若い女子が増えた」って馬場さんから聞きましたよ。

 坂口氏:逆に相撲からの転向も大変だったろ。

 天龍:26歳でプロレスに入ったけど不安で。でも系図を調べたら坂口さんが25歳で転向してる。「俺も何とかなるかな」と励みになりました。

 ――馬場さんの存在は

 坂口氏:兄貴のようなもんだよ。俺が社長になって最初の東京ドーム大会(90年2月)には快く選手を出してくれた。

 天龍:俺には「どうしようか?」と聞いてきたから「意地でも地方で大会やりましょう」と言ったら「坂口へのご祝儀かなあ」と。何だよ答え出てんじゃねえか、コンチクショーって(笑い)。

 坂口氏:全日本が出ると決まったらチケットが一気に完売して驚いたなあ。

 天龍:やっぱり数千万持って行ったんですか。

 坂口氏:キャピトル東急(ホテル)まで小切手持って行って、頭下げたよ。

 天龍:俺たちは数十万でしたけどね。ご祝儀と言いながら馬場さんはしっかり潤っていたわけだな、フフフ…。

 坂口氏:「日米レスリングサミット」(90年4月13日)はWWF(現WWE)と3団体合同のドーム興行だったけど、馬場さんがビンス(マクマホン・シニア)と大ゲンカしちゃってさ。キャンセルするって怒っちゃって参ったなあ。最終的にはキッチリ利益は3等分してくれたけどね。

 天龍:坂口さんが社長だったからこそですよ。

 坂口氏:その時期、俺はほぼ毎月1回、ホテルに部屋を取って馬場さんと猪木さんを会わせてコミッショナー設立の話が進んでいた。頓挫したけど議事録は今でも残ってる。

 天龍:えっ、初めて聞きました。実現したら業界は変わってたな…。

 ――お互いに経営者だ

 坂口氏:猪木さんが(89年に)参院議員になって「お前社長やれ」って(苦笑)。金庫番からマッチメークまで何でもやった。体はガタガタだったし、現役は退こうと思っていたしね。借金は十何億あって「バカだなあ」と言う人間もいたけど8年で返済した。闘魂三銃士が出てきてドーム大会が成功したおかげ。俺が社長だった10年間は誰も辞めないでくれた。全てがうまく回った。

 天龍:ビッグ・サカに胸ぐらつかまれたら誰も逃げませんって。WARみたいな小会社がやってこられたのは、新日本で稼いだ大金を自転車操業に充てたからですよ。

 ――マット界の重鎮として未来をどう見る

 坂口氏:会社の50周年(2022年)はしっかりと見届けたいね。五輪後に新国立競技場で記念イベントを開催するくらいの目標を業界全体に持ってもらいたい。できないことはないと思う。今の俺はスカパー!で新日本からインディーまで見てるファンのような立場だけど、新日本は選手の第2の人生も考えてくれるし、いい時代になった。未来は明るいんじゃないか。天龍には永遠に業界のお目付け役でいてほしいね(笑い)。

 天龍:まだまだ話が尽きませんね。そういえば、まだあの人の話を詳しくしていませんね。

 坂口氏:……。

※続く

☆さかぐち・せいじ 1942年2月17日生まれ。福岡・久留米市出身。高校時代から柔道で活躍。明治大学卒業後、旭化成に入社し、65年に全日本選手権で優勝。67年、日本プロレス入門。73年に新日プロに合流。UNヘビー級、北米タッグ、北米ヘビー級王座などを奪取した。89年6月、同社長に就任。会長、CEOを経て、現在は相談役。長男はプロレスラーの坂口征夫、次男は俳優の坂口憲二。