【ピレリ】2020年シーズンに使用するF1タイヤ決定に向けて“最終期限”を設定

引用元:TopNews

現在唯一のF1公式タイヤサプライヤーであるピレリが、F1チームたちに対し、来シーズンには新たに開発した2020年仕様タイヤを使用するか、あるいは2019年仕様タイヤをこのまま継続使用するかを決定するための最終期限を提示した。

ピレリは、2019年に供給したドライタイヤに多くの批判的意見が寄せられたことを受け、新たなコンセプトのもとに2020年仕様タイヤを設計してきた。

そのプロトタイプタイヤはすでに第19戦アメリカGPの金曜フリー走行でテストが行われたが、今週ヤス・マリーナ・サーキットにおいて2日間にわたる本格的なテストが行われた。

だが、テストを終えたドライバーたちの中には、2020年仕様プロトタイプタイヤは改善されたと言えるものではないと不満の声をあげている者が少なくない。

ピレリの自動車レース責任者を務めるマリオ・イゾラは、テストが行われたアブダビで次のように語った。

「いくつかのタイヤ特性が改善されたことに気付いたドライバーも何人かいたが、そのほかの者たちはそうではなかった」

「新しいタイヤは1秒ほど遅くなっている。だが、より速いタイヤを製造するのが我々の目標ではなかったんだ。チームたちから与えられていた課題はタイヤが機能するウインドウ(温度範囲)を広げ、オーバーヒートやグレイニングのリスクを減らすということだったんだ」

だが、ドライバーたちに言わせれば、その課題は実際のところ解決されていないようだ。

「正直に言って、(2020年仕様タイヤは)少し遅くなったにも関わらず、性能低下は大きくなっているよ」

テスト後にそう語ったアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは次のように付け加えた。

「だから、あまりよくはないよ」

イゾラはしかし、用意した2020年仕様タイヤは本来の目標には合致したものになっていると主張している。

「ドライバーたちは常により大きなグリップを望んでいる。それが達成されたときに限って、彼らは“よくなった”と言うんだ。だが、今回のタイヤはロングランの際にもっとよくなるように設計されているんだ。だからグリップのピークは低くなる」

「ドライバーたちは、グリップが小さくなったことに気付き、このタイヤは以前のものほどよくはないと考えてしまう。だが、そうではないんだ。我々は予選ではなく、レースにより合ったタイヤを製造したかったんだ」

2020年仕様タイヤに対する不満が大きいことを受け、イゾラは来年も2019年仕様のものを引き続き使用するか、今回用意した2020年仕様のものを使うことにするかを一定の期間内に決めてもらう必要があるとし、次のように続けた。

「最終期限は12月9日月曜日だよ」

「我々は、レースが行われる前の一定の期間内に使用するコンパウンドを決定する必要がある。そしてオーストラリアで開幕する最初のレースの場合は、それが12月9日なんだ」

「もし10チーム中7チームが『いや、我々は2019年のタイヤで続けたい』と言えば、我々はそれに応じるよ」

そう語ったイゾラは、次のように付け加えた。

「だが、これまでの2020年に向けた開発作業が無駄になってしまうのは残念なことだ。新タイヤには非常に明確な目標を持って臨んできたからね」