フィエールマン&アエロリット、有馬記念2週前厩舎情報/美浦トレセンニュース

引用元:netkeiba.com
フィエールマン&アエロリット、有馬記念2週前厩舎情報/美浦トレセンニュース

 12月22日(日)に中山競馬場で行われる有馬記念(GI・芝2500m)に美浦から出走を予定しているフィエールマン(牡4・美浦・手塚貴久)とアエロリット(牝5・美浦・菊沢隆徳)が、それぞれ2週前追い切りを行った。

 ファン投票6位のフィエールマン(牡4・美浦・手塚貴久)は、4日(水)にウッドチップコースで3頭併せ。道中はライバーバードを追いかけ、後ろにはセダブリランテスが控えるという隊列で進み、最後はライバーバードが遅れて、セダブリランテスと併入の形の追い切りだった。手塚調教師のコメント。

「初めて後ろから突かれる形でやりましたが、重くはないのですが、まだ体に脂がのっている感じもあって、現段階では動きや体付きに物足りなさは少しありますね。ただ調教が進めば動くタイプですからね。雰囲気は札幌記念よりも良いですよ。以前より掛かるようになってきているので、レースでは折り合いがつけばと思います」

 ファン投票18位で有馬記念がラストランのアエロリット(牝5・美浦・菊沢隆徳)は、5日(木)にウッドチップコースで菊沢調教師を背に単走で追い切った。菊沢調教師のコメント。

「(追い切りでは)張り切って走っていましたし、元気一杯ですね。前走の秋の天皇賞(GI・3着)後は状態をまずチェックしたのですが、元気でまだ使える体力もありましたし、天皇賞の走りを見てグランプリに行くことになりました。有馬記念だから特別というわけではなくて、いつも通りに調整をしていきます」

(取材・文:佐々木祥恵)